GYAO防災対策 をご紹介します。

家具の転倒を防止する~家庭編 #1~ 【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000002/


家具の転倒を防止する~家庭編 #2~ 【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000003/?ap_cnt=2


ガラスの飛散を防ぐには?  【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000004/?ap_cnt=3


安全確保の仕方~屋内編~ 【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000005/?ap_cnt=4


避難する前に注意したいこと~避難場所と通電火災~ 【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000006/?ap_cnt=5


火災発生時における避難 【火災への対応】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000020/?ap_cnt=6


安全確保の仕方~屋外編~【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000012/?ap_cnt=7


救助方法 【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000013/?ap_cnt=8


帰宅困難になった場合の対処法 【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000014/?ap_cnt=9


消火活動~消火器の使い方~ 【火災への対応】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000010/?ap_cnt=10


地震への基本的な考え方 【身の安全を確保するために】

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00950/v00001/v0000000000000000001/?ap_cnt=11


防災対策には、優先順位があります。

公助を望めない地震災害では、家族を守れるのは、あなただけです。

そして、家庭防災には、優先順位があります。

(1) → (2) → (3) → (4) → (5) の順番で実施してください。

(1)家屋倒壊防止

阪神大震災以降、新しい建物は、建築基準法により、耐震基準に従って建築されています。

しかし、それ以前の建物では、家屋倒壊が懸念され、何らかの対策が必要です。

まずは耐震診断 

       横浜市木造住宅耐震診断士派遣事業のご案内

建物の耐震対策

     ①建物の剛性強度を上げて倒壊を防止する耐震補強

     ②建物の共振振動を打ち消し揺れを制御する制震対策

     ③建物を浮かせてしまい、地震振動を伝えない免震対策

      これから、新築を建てるなら・・・費用も考えないとね

      ですが・・・、どんなに費用を掛けて完璧な対策をしても、

      地面が傾いたら、家は使えなくなります。

 

     ④建物までは、費用的に手を付けれない場合、

      戸建が倒壊しても、その部屋だけはつぶれない耐震シェルター

 

 

(2)室内の危険とその防護対策 (この部分が生存を左右する)

①家具の転倒防止

・家具の背面上部を壁に固定し、転倒防止

・上下2分割家具の上下連結対策

・家具の下部を床に固定する滑り止め対策


②飛散ガラス対策

・窓ガラスや食器棚のガラス戸の飛散防止フィルム貼り付け


③家電の転倒防止

・冷蔵庫やテレビの転倒防止


④防災テーブル「家族愛」

・平時はダイニングテーブル、震災時は避難シェルターに早変わり

・防護メガネ、防塵マスク、ヘルメット、グローブ、安全靴など、テーブル内に収納

 

その他、倒壊家屋からの人命救助対策と火災予防対策があります。

(3)避難行動と帰宅困難対策

①ハザードマップの制作と歩行訓練

・横浜市 みんなでわいわい防災ウォーキングとは?

 

②避難行動用、防災グッズ

・広域避難場所指定の施設には、仮設トイレや仮設水道、炊き出し設備などが

用意されていますが、その使用方法をセミナーしています。

 

受講者には、横浜市防災ライセンスが発行されます。

 

(4)一時避難生活用具

①炊き出し道具と1週間分の水と食料&簡易トイレ

・家族単位の対策が必要です。

・カンパンなどの災害用保存食は必要ありません。

1週間分のインスタント食品を防災倉庫に用意。

・私はキャンプ用のテントと寝袋、簡易コンロ、発電機を用意しました。

 

②避難集団の中での2次災害防止

・インフルエンザや食中毒に対する対策

(5)復興対策

①地震保険に加入

・多くの人が被災する中、実際に補償金を受け取れるのか不安

耐震シェルター防災テーブル「家族愛」のお問い合わせは、防災安全株式会社 電話 045-481-8282 井上まで

防災関連キーワード

防災頭巾,防災グッズ,防災士,防災用品,防災管理者,防災マップ,防災基本計画,防災テーブル,耐震シェルター